パソコンのHDDデータを切断するのは何故!?

お客様からご質問を受けるのでデータ媒体を何故切断破壊するのかにお答えします。

パソコン処分の匠をご利用いただくお客様の9割が法人であり、弊社のサービスはお客様に安心してご利用いただけるという点が最重要の課題だと考えています。

データの上書き消去やよく見る穴をあけてデータを廃棄する方法は、目視による最終確認がしづらいという結論に至りました。

上書き消去は目視できないのは当然ですが、HDDの上から穴をあけるタイプも中の状態まで(HDDの記憶部分であるプラッタ)は一目で確認できません。

その問題も解決できる誰にでも目視で一目でわかるHDDの切断という考えに至ったというわけです。

弊社は大阪にありますが、遠方のお客様も多数いらっしゃいます。パソコンやサーバの数量が多ければ訪問回収のご相談も可能です。(少量の場合は宅配でお願いしています。)

また無料のサービスよりも、データの破壊にこだわった有料のサービスとしてご提供した方がお客様にご安心、ご納得いただけると考えました。(当然運営上の問題もありますが。。)

2020年を迎えてデータセキュリティーの問題は大きくなり、情報漏洩や転売問題などは致命的なダメージをうむほどになっていますので、誰にでも分かる切断という新しい破壊方法が皆さまのお役に立てると考えています。