処分時の証明書は必要か!?

パソコンの処分時にデータを破壊および廃棄したことを証明するための証明書があります。

弊社では管理方法によりご選択いただけるよう3タイプご用意しています。

厳密にいうと廃棄した証明書が会社上必要かどうかは法律にはございませんので、各会社様の責任やルールの範疇でされることと思います。

証明書の発行をご希望される企業様は年々増加しており、何か問題があった場合に第三者として証明できるように発行される方が多いです。

また証明書の種類では詳細証明書タイプが1番多く、メーカー名と製造番号(シリアル)が証明書に記載されるため、資産管理の面でもお役にたてるかと思います。

社会的責任やコンプライアンスの問題意識が高くなっている中、自社の破壊や証明書なしのデータ廃棄では個人情報を管理する企業として、レベルが低いと思われるのも仕方がないと思います。

処分にはお金はかけないが、データの廃棄や管理にはお金をかける。という考え方が企業としての最善の選択肢ではないでしょうか。

パソコンやHDDのデータ廃棄や管理に余計な不安や時間をとられたくない会社様は、是非一度ご検討ください。切断という最善の選択肢でご安心いただけると思います。